オーナー紹介オーナー紹介

オーナーインタビュー

  
  

Interview01

Interview 01

ココロと身体の不調にアプローチ。
忙しい現代の女性を元気にしたい

Q:「アストレイア」はどのようなサロンですか?
またどんな方に来店頂きたいですか?

  

女性ってたくさんの役割があり、たくさんの仕事をこなしている。
さらに責任感もあるからその役割を優先して自分のことはあと回しにしがちですよね。私自身も仕事と家庭・育児のバランスに悩んだ時期もありました。
でも常に頑張っている、そんな女性を応援したい、元気にしたいと思ってオープンしたのが「アストレイア」です。
「アストレイア」はてんびん座の女神の名前なんですが、公平・バランス・調和、をつかさどる女神。
サロンの名前を考えていた時、この名前を見つけた瞬間に決めました(笑)。私の求めるテーマそのものです。
私たちのサロンでは、身体の不調や美容のお悩みはもちろん、ココロも軽くなるような場所を目指しています。
施術をうけたいな・・・と思う時、身体をほぐしたい、コリを解消したいなどの目的があるかと思いますが、その裏面には触れ合うことで与えられる癒しやコミュニケーションを無意識に求めている神経の状態があります。
さらには女性って、誰かに悩みを打ち明けたり、話をするだけでも、すっきりしたりストレス発散になったりします。とはいえ、友達には話しにくいこともある。
でも、私たちなら施術とともに、程よい距離感でお客様の話を伺うことで、ココロと身体の両方のもやもやをすっきりさせることができる。自分では気が付かないところを含めた全部をまるっと受け止めますから、なにか不調や不満を感じた時に、訪れることができる、思い出してもらえる、そんなサロンでありたいと思っています。

  
  

Interview02

Interview 02

お客様に向き合うことで
たどり着いた独自のメソッド

Q:どのようにしてオリジナルメソッドにたどり着いたのですか?

  

この方の悩みを解消するために必要なことは何か?この状態を変えていくために必要なことは何か?
自分のスキル不足を感じるごとに、調べ、考え、足りないものは学ぶを繰り返すことで身体やココロ、神経などその学びの幅は広がり、費用は気が付けば7桁レベル・・・(笑)。
でもその中でもやはりこれは絶対不可欠だと思うものがオリジナルメソッドとして残っている気がします。それは学んだ手法そのままではなく、一部だったり、合成したものだったり。ただ、このコロナを経験した私たちの身体はライフスタイルや環境や意識も含めてかなり変化しました。
それに合わせることで結果的に施術内容や方法自体もだいぶ変化しています。そしてそれは今現在も常にバージョンアップをし続けることが必要だと思っています。
なので、まだ完成ではない、サグラダファミリアみたいです(笑)

ただし、人間の本質は変わっていない。
なので、今の日常の中でいつの間にか蓄積したアカや鎧や、その他もろもろの不要なものを削りとって、本来の生き物としての機能を活かす、骨や筋膜や神経系への介入を通して。
これが私がやるべきことで、そのためのオリジナルメソッドです。

一般的に施術とはもんだりほぐしたり、何かをすることだと思われますが、
実は同じくらい、「何もしない」ことも必要だったりします。
この「何もしない」は実に難しいスキルで、何もしてないように見えて実はやっている繊細な技です。
おそらく身体を通して神経系までの働きかけをしようとしているサロンは多くはありません。
なのではじめは理解できないこともあるかもしれませんが、頭で理解しなくても身体が反応していることにだけ気が付いていただければ嬉しいです。

ただ、筋膜リリースなどは筋膜をはがす、をします。
しかもおそらくよそでは触られたことはないであろう、マニアックな筋肉へ働きかけを行います。
何かをすることも、しないことも含めてその日に必要だと思われることを回を重ねるごとにその方にとって必要なことを組み合わせてご提供しますので、まるっとお任せいただければと思います。

実際に施術を受けて、「どこでも良くならなかったのに」と驚かれる方もいらっしゃいます。「もっと早く来ればよかった」とも。
お客様にとって、私にしかできないことを成し遂げることができたと、とても嬉しくもあり、やりがいを感じることができる瞬間です。

  
  

Interview03

Interview 03

お客様と二人三脚で
「なりたい自分」を手に入れる

Q:施術だけでなく、お客様自身の意識も大事だとお聞きしました。

  

自分の身体を変えることができるのは実は自分しかいません。
感じることができるのも自分の感覚だけです。ただ、その感じることを忘れて常に思考優位な生活をしている、常に目はらんらん、呼吸も詰めて、スキがあればスマホを見る・・・
これでは脳が休まる暇もないわけです。
感じることを思い出すことは元気な毎日のために不可欠なことなので施術や会話の中で、思い出すお手伝いをしているのですが、わからないなりにでも感じてみよう、やってみよう、言うとおりにしてみようという好奇心をお持ちいただく方が結果は出やすいです。

逆に、私は身体が硬いので!
聞こえているだけで聞いていない方(実はわかっています)
人の意見を聞かない、聞けない、自分はこうだから、と決めつけている人は、(無意識にこうなっている人も多いのですが)どこに行っても満足できない方です。

最近特に経営者が芸術に触れることやグーグルなどの社員研修でマインドフルネスが採用されるなどセルフコンパッションは注目されています。
幸せになりたいなら、その幸せを感じられるようにならないといけない、変わりたいなら一発大逆転のような変化を期待するのではなく、(無意識に期待している人の多いこと!)小さい変化を感じること、それを喜ぶ姿勢が大切です。それが大きな変化につながります。引き寄せの法則と原理は同じですね。

そして大事なのは、感じるのはこころではく身体です。
だから自分の身体の感覚に耳を澄ますこと、これが不可欠なのです。
思考優位、情報満載、インプットだらけの現代のライフスタイルの中でそこに重きを置いている方はまだまだ少数です。
しかし、よりよく生きるために必要なこととして、今後ますます重視されるようになると思います。
サロンでは施術の中で、会話の中で身体の感覚に意識を向けることを促しながら、皆さんの変容を見守るようにしています。
ぜひ、自分の身体にどんな感覚があるのか、探求の旅をしていただければと思います。

 
 

プロフィール

茅野眞里

学生のころコンプレックスだったムダ毛。
当時はまだ脱毛も一般的ではなく、カミソリやブリーチなどが主流でなかなかきれいにはなりませんでした。
同じような悩みを持つ人のお手伝いができるかも、共感できるかもという動機でエステティックへ。
サロン勤務の中でコンプレックスや悩みが解消していくたびに、髪形やメイクはもちろん、表情もどんどん変わり自信に満ちて輝き始める女性たちの姿に、悩みの解消が人生を変えることを実感、効果へのこだわりは技術力となり、多くの指名を集めるエステティシャンヘ。

およそ20年のエステ勤務期間に福岡・東京など各地の店舗での施術やマネージメント、営業・技術・新人教育など多数経験したのち東京から広島に転居。
悩みへのアプローチを見た目だけでなく、不調や痛み、心理面やマインド、エネルギーなど学びを深めつつ、身体の奥深さへの探求と悩みを抱える方のお役に立ちたい!という思いで2015年横川町にサロンをオープン。
整体、ストレッチに加え、揺らしやロミロミなどタッチの重要性や解剖学、身体心理学なども学びつつ、「自分らしく生きるための身体のメンテナンス」を重視した、独自の手法で施術。
オープンしてからの施術は3000人以上、累計すると1万人以上の施術経験を持つ。
2021年に現在の楠木町に移転。現在はサロン経営の傍ら、セラピストの育成やサロンのプロデュースも行っている。

茅野眞里 Mari Kayano

  • 現在大学生の息子1人
  • 宮崎県出身
  • てんびん座
  • 【好きなもの】
    NETFLIX(韓流ドラマ)・いろいろ、プライムビデオ:バチェラーシリーズ

資格

  • AEAインターナショナルエステティシャン
  • AEA認定講師
  • スイングボディアドバンスプラクティショナー
  • アクセスバーズフェイスリフトプラクティショナー
  • プレゼンスファシリエイター
  • 美容整体推進協会足指ほぐし指導認定 など
top
初回限定キャンペーン
LINEでお問い合わせ WEB予約 0829614533 page top

ウェブ予約

初回限定キャンペーン